編み物の途中で休憩する女性

セーターや靴下などの少し難易度の高い編み物の作り方

編み物の道具

毛糸を使うことにより、様々な編み物を作ることが出来ます。慣れてくると色んなものを作ることが出来るようになるのですが、その中でも多くの人に人気があるのが毛糸のセーターや靴下ではないでしょうか。これらのものを編むことが出来ればもっと楽しさが広がります。これらの編み方について紹介をします。

セーターの編み方について

セーターを編む場合には、まずはデザインを選ぶことになります。編み方としては、メリヤス編みが主体となります。編み込み模様や地模様などを入れることも出来ますが、これは編むことに慣れてきたら入れるようにする感じです。また、なわ編みが使われることもありますが、少しだけならともかくたくさん使うとなると時間がとてもかかってしまいます。模様を編むときにはなるべく少しだけ入れるようにすると良いでしょう。
毛糸の選び方ですが、適当な毛糸の太さを採用しましょう。太ければそれだけ早くセーターは作れるのですが、出来上がったものは実際よりも服がもこっとした感じになり、肉付きが良く見えてしまうことがあるためです。実用的なもので言うと、並の太さを採用するのが良いですが、速度重視であれば太い毛糸を使うのが良いのかもしれません。
編み方に関してですが、もしもセーターを編むときに簡単に作りたいと思った場合には構成を出来るだけ簡単することが大事になります。ちなみに、セーターはパーツをそれぞれ作って縫い合わせることになるものがあります。ですから、構成が単純であれば、それだけ簡単に作ることが出来るのです。単純ならば早く編むことが出来ます。

靴下の編み方

靴下は、そもそも靴下自体のサイズが小さいこともあって、短時間で作ることが出来るものです。何気にハードルが高そうですが、ちょっと慣れてしまうことによってすぐに編むことができるようになります。大体時間にすると、1日もあればお釣りが来るくらいだと言われています。配色や模様についても自分で選ぶことができますから、手編みの靴下というのは、なんと言っても実用的なことが大きなメリットになります。色もサイズも自由に好みに合わせることが出来ます。また、もしもほつれてしまったとしても簡単に補修が出来ますから長い間はき続けることが出来ます。
毛糸の靴下の編み方ですが、まずはかぎ針、毛糸、そしてとじ針を用意しましょう。靴下を編むときには、かぎ針を使ってつま先から縫い始めることが一般的です。
1本のかぎ針を使って輪のように編んでいくことによって出来上がります。手編み糸を使って編んでいくわけですが、このときに市販品には無いぬくもりを得ることが出来ます。手編み糸の太さ、デザインやサイズなどを好みに合わせて選ぶことが出来るのも強みのひとつだと言えます。そうしてオリジナルの1足を作ることが出来るわけです。初心者の人には、かぎ針を使って編むのがやりやすいと言われていますし、その他にもかかと引き返し編みを使わない難易度の高い編み方もありますから、チャレンジしがいがあるのです。
手編みの靴下におすすめの毛糸とは、どのようなものなのでしょう。これについてはウール100%のものはあまり向いていないと言われています。通販で簡単に見つけることが出来ます。これは傷つきやすいからであって、最近ではウールとナイロンの混紡のものがお勧めだと言われています。この手のものは、ナイロンが入っていることから洗濯機で普通に洗うことができますし、丈夫で穴の開きにくいという特徴もあります。

誰かにプレゼント…

冬の季節には欠かすことが出来ない手編み糸を使った靴下やセーターですが、誰かにプレゼントしたいと思ったときのために、編む方法を覚えておくのも悪いことではないはずです。プレゼントする人のことを思い、毛糸の通販サイトでどの色が似合うのかなと考えるとさらに楽しくなりませんか?自分で心をこめて作った編み物をぜひ気になる人へプレゼントしてみて欲しいものです。

ニュース

2016/11/22
編み物の資格とはを更新。
2016/11/22
左利きの人の編み方についてを更新。
2016/11/22
編み物を挫折する原因とその対処法を更新。
2016/11/22
かぎ編みと棒編みってどっちが簡単?を更新。