編み物の途中で休憩する女性

編み物をする時には、毛糸にもこだわろう!

編み物をする時の毛糸をどのように選んでいますか?いつも行く手芸屋さんにあるからといって、いつも同じものを選んで使用することはないでしょうか。
実は毛糸にもいろいろな種類があります。その肌触りや質感も大きく異なります。その種類には、天然繊維の綿や麻のもの、また動物繊維のウールやアンゴラ、モヘヤ、アルパカ、カシミアといったものがあります。それぞれに特徴があるので、用途に応じて選ぶ必要があります。
また選ぶときには、その扱い方も知らなければいけません。例えば、ウールやアルパカといったものは、洗濯の仕方も保管方法も注意が必要です。縮んだりしないように。普段からよく使う毛糸製品は、洗濯がきっちりと出来るものがいいので、その使用する用途によって毛糸を考えて使い分けるのがオススメです。綿や麻などは、特に夏場に使用したい毛糸ですし、洗濯もしっかりと出来るので、オススメです。
毛糸を購入する時は通販などでも購入できますが、一番のオススメはやはり手に取って触ってみることです。そのため、いつも行く手芸屋さんでもいろいろなものを是非触ってみてください。そして、もしも分からなかったら店員さんに扱い方を聞いて、それから選ぶのも一つの方法です。編み物をする時には、その用途によって毛糸にもこだわって選ぶことが大切です。