編み物の途中で休憩する女性

かぎ編みと棒編みってどっちが簡単?

編み方で一般的に親しまれている「かぎ針編み」と「棒針編み」ですが、どちらが簡単でやりやすいのかと悩む人もいるのではないでしょうか。「かぎ針編み」と「棒針編み」のそれぞれの良い所と悪い所をあげて、ご紹介していきます。

【かぎ針編みの良い所】
かぎ針編みは、たわしやコースターなどの小物を作るのに向いています。簡単に平たく編んだり、球を編んだりすることができます。また、針にかかっている目は基本的に1目だけなので、針が抜けてしまってもやり直しがききます。
道具に関しても、手芸店や通販、今では100円ショップでも購入することができ、費用がかかりません。極端なことをいえば、毛糸とかぎ針1本で編むことができます。

【かぎ針編みの悪い所】
マフラーやひざ掛けのような大物を編むとなると、時間がかかり、苦労する場面が多々出てくると思います。仕上がりも編地が重たくなりやすく、野暮ったくなりがちです。それに応じて、使用する毛糸の量が増えてきます。

【棒針編みの良い所】
棒針編みは、マフラーやポーチなどの大物を編むことに適しています。編み方自体に特殊な技術があまりなく、基本の編み方を覚えればどんなものでも応用がききます。防寒性にも優れているので、うまく編み込めば毛糸のセーターなども編むことができます。

【棒針編みの悪い所】
かぎ針編みと違い、小物を作ることには向いていません。また、仕上がりの大きさが想像しづらく、一定の力で編んでいかないと編み目がズレてしまうことがあります。道具に関しても、2本針や4本針、ほつれ止めやゴムキャップなどがあるため、多くの道具を使用することになります。

これらのことを踏まえると、「かぎ針編み」のほうがやりやすいかと思います。手軽に編めるものが多く、あまり費用をかけずに毛糸やかぎ針を100円ショップや通販などで購入することができるので、とっつきやすいはずです。
「かぎ針編み」で小物を編むことに慣れた後に、マフラーやセーターなどの大物を「棒針編み」で挑戦してみてはいかがでしょうか。